So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10の画面を有効活用する方法:マルチデスクトップを使おう [ノウハウ]

pc01.jpg

Windows10から追加されたマルチデスクトップMacOSなんかでは以前からあった機能ですが、Windows10にもようやく登場しました。

まだ使ってない方も覚えておくといいですよ。まず、私はディスプレイを3枚使っています。

普段使いは2枚だけなので、今回は2枚横並びで使っている画面で説明しますね。

ドラッグする方法


やり方は簡単。ウィンドウをドラッグするだけです。


下の例ではフォトショップイラストレーターとクロームが起動しています。

001.jpg


このうち、クロームを右へドラッグして、透明な枠が表示されるようにします。
画面から半分ぐらいがはみ出るようにすると、枠が下のように表示されます

002.jpg


ここで手を離すと、下のように3つのアプリが1つの画面内に表示されました。

003.jpg


使っていないアプリが邪魔だけど、非表示にしたくない時なんかに便利です。
例えばフォトショップのデータを見ながら、イラストレーターで作業するといった具合。

これだったら、マルチディスプレイで事足りるんですが、クロームのように3つ以上のアプリを扱っている場合はマルチデスクトップはとても便利です。

株価の動きを見ながらの作業なんかでも重宝します。

元に戻したい時は、特定の画面をクリックします。

キーボードを使う方法


この場合は、右に置きたい(今回の場合はクローム)アプリを選択した状態で、[Windes]キー + 右矢印キー で同じことができます。

ちなみに[Windes]キー + 右矢印キーを繰り返すと、マルチディスプレイの場合、右ウィンドウの右から左ウィンドウの左端へいっきに移動できたりもします。

一度やってみて下さいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。